千葉 看護師

パニック障害で悩んでいます。同僚や先輩の顔色ばかり気になって患者さんに優しく出来ない・・・。


私は看護師として働き始めてから、パニック障害と診断されました( ;´Д`)

 

もともと人と関わることが苦手だったのですが、看護師として働き始めてから、職場の人間関係や患者さんとの関わりの中に、ひどくストレスを感じるようになりました(;´Д`A

 

ある時から突然、過呼吸や頻脈を繰り返すようになったんです

 

最初にパニック障害を起こした時はびっくりして、死んでしまうのではないだろうかと思いました(;´Д`A

 

すぐに、救急車で病院に行きましたが、病院に着く頃には症状も落ち着き、検査結果も異常なしと言われ、帰宅したのです。

 

しかし、その後もストレスを感じるたびに、手が震え出したり、動機が酷くなり、心療内科を受診しました(;´Д`A

 

そこで診断されたのが、パニック障害でした。

 

パニック障害というものは、一応知っていましたが、なぜ自分がパニック障害なんかに…とかなり悩みました( ;´Д`)

 

こんなことが職場に知れたら、仕事を解雇されてしまうのでは?患者さんからも、信頼して体を任せられないと言われるのでは?とかなり、色々な不安が出てきましたヽ(´o`;

 

なんとか隠さなくては、と思えば思うほど不安は大きくなります。

 

仕事中も、同僚の顔色を伺いながら、ビクビク仕事をするようになりました( ;´Д`)

 

家に帰ると、何度も過呼吸を起こしパニックになります。

 

主治医には、職場上司に相談するように言われたのですが、怖くて出来ないんです(;´Д`A

 

不安になり始めると、患者さんとの会話すらまともに出来ません。

 

常に、気持ちが焦っていたり、不安なために、笑顔も出ないし、患者さんの訴えに優しく答えることもできなくなってしまいました>_<

 

そんな自分にもイライラします。

 

自分のことばかり気になってしまい、周りの事に目がいかなくなってしまい、そのうち重大なミスを犯すのではないだろうかと不安な日々を送っています( ;´Д`)

看護師の派遣のメリットは?

看護師には、常勤やパートやバイトとは異なり、プライベートを重視したい方にお勧めな、派遣という働き方があります。
派遣というのは、病院などではなく、派遣会社に雇われている状態です。
派遣会社に登録すれば、自分で仕事を探す必要がなく、残業や勤務時間など、条件の交渉はすべて派遣会社が行ってくれます。

 

職場によっては、実際に働いてみたら、事前に確認した条件と違った、というケースがあります。
しかし、派遣の場合は条件の中での勤務となりますから、残業などができないママさんナースにとっては、大きなメリットがあります。
働き始めた時から、条件が変わる事はありませんから、安心して働く事もできます。

 

バイトやパートと派遣は、給料の面でも大きな違いがあります。
元々、看護師の仕事はハードなだけに、他の仕事に比べると給料は優遇されていますが、派遣はバイトやパート以上に高額です。
派遣で働く場合は、派遣会社に雇われている状態ですから、病院から直接給料が支払われるわけではありません。
病院から派遣会社に支払われ、派遣会社から看護師に給料が支払われる為、高額になるのです。
直接雇用されていない場合、福利厚生の面で不安になるかもしれません。
しかし、3ヶ月以上の契約があれば、雇用保険や社会保険に加入する事ができますから、パートやバイトで働くよりも得かもしれません。

 

パートやバイトと同じ仕事をしていて給料が高いのであれば、派遣の方を選びたくなりますよね。
それに、働く上での条件が変わる事がなく、希望通りの働き方ができるのであれば、プライベートを重視する事が可能です。
子育てや家事と両立させたい方にとっても、派遣はお勧めの働き方だと思います。

派遣期間について

派遣の場合、2004年から、法律によって、看護師であれば、原則1年、最長3年間という決まりがあります。

 

なので、働く期間が決まっているので、単発のお仕事が多いみたいです。

 

訪問入浴、巡回健診、デイサービス、イベントナース、ツアーナース、などがあり、派遣の場合は、派遣会社と雇用側の契約になるので、雇用側との面接というのがありません。

 

紹介予定派遣というのもあって、派遣期間6カ月を過ぎると直接雇用になる、というものです。

 

ゆくゆくは常勤で、正社員として働きたい気持ちがある場合は、ミスマッチが出来るだけないように、まずは半年働いてみてから正社員になる、という方法も取れるわけです。

 

派遣でも、うまく次々と派遣先で働いて、スキルアップしていく看護師さんもいらっしゃるようです。

 

新しい職場でスムーズに働き始めるには、持っている看護技術はもちろんのこと、すぐに馴染める性格、人柄、というのも必要ですよね。

 

いろいろなところでチャレンジしてみたい、と思う方は派遣→正社員→派遣→正社員といった繰り返しをする方もいるみたいです。

 

日本は長時間、長期間同じ職場で働くことが良しとされているので、職場を転々としていると信用が得にくい風潮もあると思いますが、確かな派遣会社を通して働いていくことでそれなりの信用は得られると思いますよ。

 

世の中、派遣会社も多数あって、問題を抱えている場合もあったりしますし、たとえば、教育業界の話で、外国人講師を公立学校へ派遣会社を通して雇った場合、派遣会社を通した場合、業務内容が決まっているため、教師と外国人講師がより良い授業をするための話し合いや授業改善が出来なかったり、柔軟な対応が出来なかったりして、直接雇用であれば全く困らないことだったのに、というケースがあります。

 

患者さんのためにどうあるのが一番かを考えていきたいものですよね。